スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

惨劇に次ぐ惨劇


PENTAX K10D + DA50-200mm/F4-5.6ED

ここは焼却施設。
火が消えることはない。

ここは犬の焼却施設。
生きたまま処分する施設。

僕はとんでもないところへ、
来てしまった。

犬がわめく。
聞いたことのない声で。

これから自らに起こる、
悲惨な出来事を知っているかのように。

何の拍子か、
焼却施設から火が燃え移った。

ここにいるすべての物を、
焼きつくそうとする。

僕は周りにいる人に燃え移った、
火を消そうと手で消そうとした。

すぐ消えた。

もうひとり。
やはりすぐ消える。

なぜだかはわからなかったが、
これがあれば犬が救えると思い、
犬たちの所へ向かった…


という、夢を見ました。
朝からテンション低めでした。

おかげで昼ごろに、
かかとがあかぎれによって、
真っ二つに割れるという、
血の惨劇が起きました。

なんて日だよ今日は…

2009柴犬 (Yama-Kei Calendar)2009柴犬 (Yama-Kei Calendar)
(2008/09/13)
U.F.P写真事務所

商品詳細を見る

関連記事
[ 2008/12/17 23:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

貴方、一度、アウシュビッツに行って来なさい。
[ 2008/12/18 01:55 ] [ 編集 ]

>KOICHI
まさにアウシュビッツのような、
そんな地獄絵図でした。
お~こわ。
[ 2008/12/19 08:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://latproject.blog99.fc2.com/tb.php/847-3e6e4143








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。