スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネガティブにポジティブの芽を見つける


RICOH GR DIGITAL

自分の愚痴を聞いたことがある人はほとんどいない。
聞いたことがある人ははっきり言って特殊だ。
おそらく片手で充分に足りる。

なぜか。
愚痴を言うほどのことにあったと思ってないから、だと思う。

「毎日、楽しそうでいいね。」

なんてことを最近言われた。
そういや、つまらないことなんてあんまりないな。
こうしてひとりでいても、会社にいてもつまらないと感じたことはあまりない。
プレッシャーは感じるけど、ストレスはあまり感じなくなった。

ネガティブな要素をネガティブと感じなくなってきた。
人がネガティブと捕らえる要素にも、ポジティブを感じている。
ネガティブの中にもポジティブは必ず含まれていること知った。
それも勝手に出てくる。
探さなくても。

ひとつ自分の大きな才能に気づいたが、
それは自分の親の一番キライなところだったりする。

おもしろい。
関連記事
[ 2008/04/18 21:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

愚痴を言う回数が少ないというのもあるんだろうけど
愚痴っぽくないっていうのもあるんじゃあないかなぁ。

ちなみに俺のお袋は正反対だね。
かなり愚痴っぽい。
伊豆から帰ってきてからガンガン指摘してますが
全然直んないのよねぇ、
[ 2008/04/19 07:36 ] [ 編集 ]

バカな親を持つのも大変なことよ。
まあ、ポジティブでいてくれるのは助かるけど。

お母さんは、愚痴を聞いてくれる人がいないんじゃないか~?
いちど徹底的に聞いてみれば?
[ 2008/04/19 10:43 ] [ 編集 ]

それ、結構定番の有効な対策だよね。わかります。
ただ表題のような感覚も持って欲しいってわけ。
そういうセンスが皆無だからなぁ。

軽率だったり必要以上に
能天気だとしてもでもいいじゃんか。
派手に転んだりしなければ
なんかそっちのほうが楽しそうだよ。
[ 2008/04/20 08:31 ] [ 編集 ]

まあ、センスは磨かれるもんさ。
磨いてみなよ。
[ 2008/04/20 10:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://latproject.blog99.fc2.com/tb.php/567-bc55108c








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。