スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これが岡田ジャパンの夜明けなのか


RICOH GR DIGITAL
東京都世田谷区

サッカー日本代表。
ボスニア・ヘルツェゴビナとの試合。
結果は3-0。
これは前回の試合から想定すると予想外。

今日は前回のチリ戦と比べコンディションが良い感じがした。
スピードやパスの精度は増していたし、
なにより選手が冷静に行動できる余裕があるように感じた。


この試合は中村憲剛がすばらしかった。
視野の広さ、パスの精度、ポジショニング。
効果的な中盤でのクロスやスルーと、どれをとってもすばらしい内容。
もしかしたら中村憲剛という選手は、
今後欠くことができない中盤の最重要選手になるかもしれない。

後半に中村憲剛はベンチに退くが、
前線でのタメを失い、前半で見せたような、
早いボール回しは見られなくなってしまった。
その分、高原に代えて播戸が入り、
ボールは急激にタテに動くようになった。

その後、前がかりになったラインを潜り抜けた山瀬が大久保のスルーを受けてゴール。
播戸が縦パスを落として、詰めた山瀬が再びゴール。
ボールを奪ってから共に横にはパスが出ていない。
そして、ボールを奪ったのは共に中村憲剛に代わった今野。
試合はこのまま終了する。


この試合、みなさんはどう見ただろうか。
自分はオシムジャパンとの比較をあえてするなら、
スピードと連動という点では向上したように感じる。
ボールに対する反応とパスのスピードや状況の理解力。
これらはいままでとちがったのものを感じる。

逆に失ったと思うのはポリバレント。
一時期オシムサッカーを象徴ように使われていた言葉だ。
ポジションは画一的でポジションチェンジはほとんど見られなかった。
与えられた役割はほとんど決まっているような印象を受けた。


今日、勝利挙げたことで1週間後のタイ戦に向け勢いがついたことだろう。
コンディションを整え、今日以上のゲームを見せてくれることを希望する。
そして、必ずワールドカップへ連れて行って欲しい。


【ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 リンク集】

■サッカーコラム J3
【日本×ボスニア・ヘルツェゴビナ】 山瀬功治の2ゴール

■サッカー好きの日記帳
日本×ボスニア・ヘルツェゴビナ

■lifeisfootball
【嘆】結果オーライのリニューアル岡田ジャパン初勝利

■迷い人
日本が良いのか、相手が悪いのか?

l.a.t. ProjectはサッカーコラムJ3さんのコミュニティリンクに参加しています。
関連記事
[ 2008/01/30 21:54 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://latproject.blog99.fc2.com/tb.php/482-71a9b7c4


溜め息の出る試合

昨夜実施された「日本代表VSボスニア・ヘルツェゴビナ代表」戦。 この日、良かったことは・・・  ?イビチャ・オシム前監督 試合観戦   脳梗塞で倒れられて早2ヶ月。    杖をついての入場とはいえ、よくもここまで回復なされた。。。  ?気温が3月並で、比
[2008/01/31 22:27] URL Boa Sorte !!!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。