スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バッケンレコード


PENTAX K10D + DA16-45mm/F4ED AL
東京都大田区

昨日のまとめ。

家を出たのが13時過ぎでした。
13時半ごろ下北沢の松屋で豚丼(¥320)を食べる。

三茶ぐらいまで歩くか~?
と思いながら茶沢通りを歩き始める。

14:52 世田谷公園着
いまいち場所の感覚がわからなくなり始める。

15:38 碑文谷公園着 目黒区突入
碑文谷という住所で場所の感覚を掴む。
ダイエー碑文谷店を見て環七沿いなんだということがわかりがっかり。

16:13 大田区突入
目黒区南という住所に一抹の不安を覚えたが、
結局環七に出てしまい大田区到着。
このころには目的地を羽田空港と決めた。

16:32 中原街道を横断
ここを過ぎれば羽田空港は近いと思っていたのだが・・・

17:01 久が原
方向感覚なし。
蒲田行きのバスを見て救われる。

17:43 羽田を指す標識が現れる
やや西よりに進路をとっていたことが判明。
ブログには「南へ来すぎた?」と書いてあることから、
方向感覚まるでなし。
恐るべし大田区。

18:19 京急蒲田駅
ついにここまで来たという感じ。
糀谷、大鳥居、穴守稲荷、天空橋、羽田空港、あと5つ。
実際には羽田空港までは歩いていけないので天空橋まであと4つ。
行くか、退くかかなり迷ったが、
古傷の右ひざに限界を感じここで断念。
京急蒲田より赤い電車に乗っかって羽田空港へ。
ファソラシドレミファソ~♪

18:40 羽田空港第1ターミナル
風向きがよかったのか湿度のせいか、
ジェット燃料の匂いが濃く、癒される。
1時間ほどボーっとする。



さて、いかがでしたでしょうか。
徒歩で行く約5時間の旅。
今回のルートはコチラ
三鷹まで歩いた13.6キロがこれまでの最長記録でしたが、
それを4キロ上回る17.5キロ。
最長不倒達成です。

次回は必ず天空橋まで。
そして、歩きたい方大募集。
自分の野望にどうかお付き合いください!
関連記事
[ 2007/07/22 12:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

喧嘩売ります

俺施設にいたころ先輩の企画で
夏場に海水浴場から山を越えつつ
施設まで中学生連れて歩いたぜ。
早朝から夕方ぐらいだったかな。
30kmはあったと思うぞ。
っていうか富士山も一日で
御殿場コース上り下り制覇したぞ。
ぜひ今度ご一緒しましょう。
[ 2007/07/22 13:18 ] [ 編集 ]

歩きもいいですよね

でも国道沿いは排ガスがきついかも?
私は10キロくらいが最長かなあ?
写真とか目的があればもっと行けるか???
[ 2007/07/22 13:25 ] [ 編集 ]

おー長距離忍耐ポブですねー!
羽田までって夢だなぁ
やっぱり歩部一緒しましょう~!
[ 2007/07/22 19:03 ] [ 編集 ]

>ululuさん

ぜひ次回の開催があれば誘ってください!
自分も楽しみにしてます!
[ 2007/07/23 00:37 ] [ 編集 ]

>DEさん

国道沿いはなるべく歩かないようにしてました。
後半は迷いそうだったんで仕方なく・・・
カメラがあればなんでもできる!?
[ 2007/07/23 00:38 ] [ 編集 ]

>kirin

今の膝の具合からして10~15kmがいいところかと。
30kmなんて恐れ多いでございます。
しかし、中学生もやるねぇ。
[ 2007/07/23 00:40 ] [ 編集 ]

大雑把に計ってみたらちょうど30ぐらいでした。
富士山はダイレクトにつないでみたらなんと2,3キロ!早朝から登って着いたの夕方前だったのに条件でこんなに違うもんかねぇ。。
[ 2007/07/24 21:56 ] [ 編集 ]

>kirin

ううむ・・・よくわからん。
ダイレクトに何をつないだというのだい?
[ 2007/07/25 20:57 ] [ 編集 ]

5合目から頂上です。
確かに判らんですね。すんません。
[ 2007/07/26 21:33 ] [ 編集 ]

理解した。
でも、山登りはキライです。
なぜなら、膝が痛くなるから!
[ 2007/07/26 22:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://latproject.blog99.fc2.com/tb.php/269-b715dec6








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。