スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京ヴェルディソーシャルメディアナイトとエスパルスサポーターの不安

東京ヴェルディのイベント、ソーシャルメディアナイトに参加してきた。
ソーシャルメディアナイトはFacebookユーザーを集めて、
ヴェルディの羽生社長と意見交換ができるというイベント。

マーケティングの話や、チームの戦力の話、育成の話、
どれも普通にサッカーを観ているだけでは、どうやっても聞けない話ばかりだった。
詳しい話はきっと誰かが書いてくれると思うので置いておいて、
エスパルスサポーターである自分から、気になった話をひとつ。

今回、ヴェルディは高木善朗選手をオランダのユトレヒトへ移籍させた。
社長曰く、「去る者は追わず」ということで今回の移籍に至ったとのこと。
しかしながら、彼はヴェルディ愛が強く、いつかは戻ってきたいと言っているという。

そして、その兄、高木俊幸選手の話になった。

「彼(俊幸)も同様、ヴェルディ愛が強い。
 いつか戻ってきたいと、彼も言っている。
 つい先日、ヴェルディのクラブハウスで会ったばっかりなので、
 また戻ってきてくれると信じている。」


そう社長はコメントした。

あれだけチームの為に走る、俊幸がヴェルディに戻りたいだと!?
いやいや、それはヴェルディに対しての社交辞令だと信じたい。

俊幸はヴェルディにとって大事な選手であったことは間違いなく、
愛されていただんだなと、俊幸の人間力が大きかったんだろうと感じた。
これはきっとヴェルディからのラブコール。
本当に戻るわけじゃない。

と信じたい。
そんなほんのちょっとの不安を煽られるQ&Aでした。
関連記事
[ 2011/06/30 09:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://latproject.blog99.fc2.com/tb.php/1484-356fb913








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。