スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

昨日のオランダ戦

結果はご存知通り3-0で完敗。

後半にファンペルシー、スナイデル、

そしてフンテラールと立て続けに決められ終了。



ファンペルシーに決められるまでは、

日本がうまくパス回しをしていて、

試合を自分たちのペースで進めているように見えていたけども、

そうでもなかったらしい。



実際にDFのマタイセンは日本は怖くないとコメントしている。

オランダDFマタイセン「日本怖くない」岡田ジャパンFW陣遠い世界基準 - Yahoo!ニュース



その理由は「パス回しは素晴らしいが、その後が怖くない」そうだ。

たしかに、日本がシュートを打つ場面は、

ほとんど枠をとらえてはおらず、

脅威とは程遠い内容だった。



岡田ジャパン惨敗…前半互角も後半ボロボロ - Yahoo!ニュース

それから、失点した後には、

運動量が落ち、立て続けに失点してしまったわけですが、

これについては単純にスタミナがない、

という話だけでもないように感じてます。



まず、今回はフレンドリーマッチ。

オランダは格下の日本に対して、

最初から飛ばしてこないだろうと予測できる。

そして、フレンドリーマッチは交代が6人できる。



つまり、言いたいことはこうだ。

オランダの立ち上がりを果敢に攻めた日本は、

後半に運動量は落ちる。

これはどう考えても予想がつく。

失点後には運動量が落ちたと分かる選手がいれば、

それはすぐに代えるべきだったと思う。

再び運動量が戻れば、日本がチャンスをつかむかもしれない。

自分なら簡単にその答えを導き出す。



控えの選手のコンディションがどうだったのかは全く分からないが、

もし、コンディションのいい選手がいて、

それでも、交代をさせなかったのであれば、それは致命的。



監督は流れを変える気がない。

負けたままでよいと考えている。



手を打たずに状況が良くなるものか。

だまって指をくわえているだけの指揮官など不要だ。

今回、日本が交代させた選手は2人。

公式戦の交代可能枠より少ない。



となると、今後の課題は、

  1. シュートを枠に飛ばすこと。
  2. 90分動きまわること。
  3. 思考がまともな指揮官が必要。

あれ?めちゃくちゃ基本じゃん?

関連記事
[ 2009/09/06 11:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://latproject.blog99.fc2.com/tb.php/1199-c248e428








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。