スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

悲しい親子の物語


RICOH CX1



悲しい親子の物語。

若干下ネタなので、

見たい方だけどうぞ。



自分はマンションに住んです。

学生の多いマンションです。

たまに大騒ぎしてるところもあります。

ええ、けっこうなうるささだったりします。



午前中、出かける準備をしてました。

朝食をとり、歯を磨いて、

着替えて、下調べをして…



そしたら、隣りから致している音が聞こえたんです。

ああ、またか。

お隣は結構な音量です。



で、出かけようと玄関を出たわけです。

そしたら、お隣のお隣…

つまり、2軒隣りの家から、

お父さんが出てきました。



ん?あそこは男の子が住んでると思ったけど…



そのうち、お母さんが出てきて、

息子が出てきました。



つまり、

となりで致しているにもかかわらず、

親子3人水入らず。



ああ…ダメだ…

あまりに悲しすぎる…



自分だったら、近くのコンビニへ逃げます。

まちがいなく。
関連記事
[ 2009/06/13 23:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

そんなに周りの音が
気に障るような環境だったっけ?
俺は全く気にならなかったけどなあ。

隣の音量が並々ならぬものなのかもよ?
若い人は元気だよね・・・
[ 2009/06/14 14:42 ] [ 編集 ]

>キリン

おっしゃる通り、普段は静か。
だが、お隣さんの地声がでかい。

元気なのかアホなのか、
その区別が難しいところ。
[ 2009/06/15 00:03 ] [ 編集 ]

ちょっと声がでかいだけで
周りの迷惑になるなんて窮屈だなぁ。

俺はその環境ちょっと無理だな。
木造だったっけ?違うよね?
[ 2009/06/16 19:31 ] [ 編集 ]

>キリン

まあ、普通だろ。

うちは鉄筋だから、
木造より全然響かないはずだがなぁ。
[ 2009/06/16 23:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://latproject.blog99.fc2.com/tb.php/1043-aafe3342








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。